コンテンツ制作ブログ

デジタルマーケティング、コンテンツマーケティング、
データ分析などに関するお役立ち情報を発信

オウンドメディアの売上を増やすコンバージョン改善施策まとめ

2021年6月30日

オウンドメディアで集客はできていても購入やお問い合わせなどのコンバージョン獲得につながっていないというお悩みはよくあります。すぐにできるオウンドメディアの売上アップのための改善施策をまとめて紹介しています。優先順位の考え方も解説していますので、参考にしつつできそうなものから試してください。

コンバージョン率(CVR)を上げる改善施策

  • 売る製品を見直す
  • 訴求するポイントを見直す
  • オファーをより強いものに改善する
  • CTA(コールトゥアクション)を増やす
  • CTAを大きく目立つようにする
  • CTAのコピーを変える
  • 連絡の選択肢を増やす(例:入力フォームだけの状態から、電話、メール、チャットも受け付けるようにする)
  • 入力フォームの項目数を減らす
  • 項目ごとに記入例を横に書いておく
  • 適切に分割する
  • あとどれくらい入力項目があるか進捗がわかるようにする
  • エラーをリアルタイムでチェックできるようにする
  • 入力補助を入れる(例:郵便番号を入れると住所が途中まで自動で入力される)

「オファーを見直す」というのは、製品の資料請求から役立つ情報をまとめたホワイトペーパーに切り替える、お問い合わせから無料相談に切り替えるといった提案内容を変えるという意味です。

コンバージョン率(CVR)改善の優先順位は以下の通りです。

1.読者がほしがる製品を用意して正しくアピールする

他社と比べて強みの特に無い製品を売るのはやはり難しいので、選ばれる理由が必要です。また、同じ商品を売るのでも、どう伝えるのか、何をアピールするのかによって結果は大きく変わります。

2.コンバージョンポイントを正しく設定すること

いきなりインターネットで買われにくいものはどうしてもあるので、その場合には資料請求やセミナー参加など、適切な中間のコンバージョンを用意します。

3.コンバージョンへの誘導を増やす

入力フォームへの導線となるCTAを増やし、いままでよりも目立つようにします。また、コピーを目立たせることでクリックされやすくします。

4.コンバージョンしやすくする

入力フォームを使うときのストレスを減らして、スムーズにコンバージョンできるようにします。

閲覧者数(PV/UU)を増やす改善施策

  • OGPの設定
  • OGP画像の作成方法の改善
  • タイトルタグの見直し
  • meta description(ディスクリプション)の見直し
  • 表示速度の改善
  • カテゴリの見直し
  • ページデザイン、テンプレートの改善
  • サイト内リンクの追加
  • サイト内検索の表示場所の変更
  • 画像の追加
  • 上位ページのリライト
  • 著者プロフィールの表示
  • コンテンツのほかフォーマットへの流用(動画、音声、プレゼンテーション、イラストなど)
  • SNSの運用
  • 広告の運用

閲覧者数を増やすための改善の優先順位は以下の通りです。

1.表示されている面でのクリック率(CTR)を上げる

Googleの検索結果やSNSのタイムラインなど、すでにあなたのオウンドメディアが表示されている面でのCTRを上げるのが、もっとも早く閲覧者数を増やすことにつながります。

Googleの検索結果では、タイトルとディスクリプションがクリック率に影響を与えています。TwitterやFacebookであれば表示される画像のサイズや内容、表示されるテキストなどがクリック率に影響します。

2.存在しているコンテンツをストレスなく見られるようにする

表示速度を改善する、ページの見た目を変える、簡単に目的の情報をサイト内で探せるようにするなどして、すでにオウンドメディアの中に存在しているコンテンツをストレスなく見られるようにすれば、より多くの人に見てもらえることにつながります。

ユーザー体験を改善することで、SEOにも良い影響があり、結果として露出も増えます。

3.コンテンツを改善する

わかりやすくする、最新の情報にする、さらに詳しい内容にする、著者のプロフィールを表示させるなど、コンテンツを改善するのも閲覧者数を増やすことに繋がります。具体的には記事のリライト、図表やイラストなどの画像の追加、著者プロフィールの表示などがあります。

4.新しく露出する場を増やす

一般的な集客施策はここに分類されます。Twitterを運用してオウンドメディアに誘導する、コンテンツを動画でも制作してYouTubeに投稿する、広告を運用して流入を増やすなど、できることはたくさんある一方で、手間はほかの3つよりも大きいです。

毛塚 智彦

この記事を書いた人

毛塚 智彦

2006年からデジタルマーケティングを開始し、2008年にサイトエンジンを創業しました。 SEO、コンテンツマーケティングが得意です。立ち上げた直後のメディアから、数千万PVあるようなポータルサイト・ECサイトまで、幅広く関与してきました。 業務ではマニュアル作成などの仕組みづくり、事業立ち上げ、採用などを担当しています。 Twitter

CONTACT

お問い合わせ