SEO記事ライティング代行サービス

ユーザーニーズとSEOによる集客の両方を満たす記事作成

自ら情報発信することが当たり前になりましたが、情報をわかりやすく、整理してまとめるのはとても難易度の高い作業です。SEOを意識するだけではなく、お客様の「発信したい内容」とユーザーの「知りたいニーズ」をしっかりととらえて、両方を満たすような記事制作を代行します。

サイトエンジンの手がけるライティング

01

テクニカルライティングに強い

医療、法律、エンターテイメント、人材、旅行、ITなど、様々なジャンルのライティングを行っています。専門性の高いテクニカルライティングにも対応が可能です。

02

すべての記事を4つの役職のチームで作成するから高品質

ライターだけではなく、ディレクター、校正・校閲担当者、SEO担当者(記事構成案、見出し案などを作成)の4名のチームで制作します。

ユーザーのペルソナとカスタマージャーニーを意識したライティング

ライティングで重要なのは、読み手が知りたがっていることをもとに原稿を作成することです。読み手のペルソナ(どのような人物でどのような考え方をする人か)だけではなく、読み手が置かれた環境や現在の状況も含まれます。同じペルソナでも、テーマに興味関心があるだけ、サービスを利用したいと思っている、サービスをすでに利用したことがある、といった状況の差で、届けるべきコンテンツや伝え方は変わります。サイトエンジンでは、カスタマージャーニーといわれるユーザーのステージの変遷を意識し、効果的なライティングを行っています。

プロならではのわかりやすい文章

「自分たちの取り扱っているものは専門性が高いから」「一般のユーザーにはなじみのないものだから」そんな理由で情報発信をあきらめている方が多くいらっしゃいます。サイトエンジンは業務用機器や、医療用専門機器、法律や農工機械、顕微鏡、無線、ばねやねじなど、様々な商品やサービスの魅力をコンテンツ化してきました。
「今までは業者からしか問い合わせがなかったのに、一般ユーザーからの問い合わせが来るようになった」「会社名を言うだけで商品を思い浮かべてもらえるようになった」などの喜びの声もいただいています。
たとえなじみのないものでも、じっくりと対象と向き合い、しっかりと理解し、伝わりやすく文章化する。そうした地道な作業を何年も続けてきたライターが多数在籍しています。難しいジャンルでもあきらめずにご相談ください。

多数のライターが様々なジャンルを執筆

サイトエンジンには800名を超えるライターが登録をしています。ジャンルもさまざまで、エンターテイメント、育児、教育、IT、スポーツ、金融、法律、医療、保健など幅広いジャンルに対応しています。
サイトエンジンではご指定がない限り、ライティングの担当者を固定しません。合格率2割の厳しいテストを合格した調査・ライティングの得意なライターが、フレキシブルに対応します。その為、体調不良の際や、自身のスキルを超えた難易度の案件だと判明した際などは、素早くライティングが可能なライターが業務を引き継ぎます。
ライターごとに極端にコンテンツのレベルに差が出ないよう、自社開発のクラウド型ライティングシステムを使い、お客様のオーダー数に合わせた柔軟なライター手配を行っています。
こうした柔軟な体制でライティングを行うため、納期遅れなどが発生せず、大きなオーダーに対しても安定したクオリティのコンテンツ制作をしています。

有資格者によるライティングや監修、イラストの挿入などにも柔軟に対応

信頼のおけるコンテンツを制作したいので、専門家による監修を付けたい、というご要望をよくいただきます。宅地建物取引主任者、ファイナンシャルプランナー、マナー講師、医師、弁護士、会計士など、サイトエンジンではご要望に合わせ、専門家の監修を記事につけることができます。
専門家による監修をつけることは、SEOでよく話題にあがるE-A-T(専門性、権威性、信頼性)を改善するだけではなく、ユーザーにとって魅力的なコンテンツを作ることにつながります。それ以外にも、イラストの挿入など、ライティングに合わせてご要望にも柔軟に対応します。

インタビューや取材など、さまざまなライティングスタイルに対応

インタビューや取材にも柔軟に対応いたします。
アプリ用の文章原稿や、SNSで発信するための文章の作成など、媒体や掲載方法にあったライティングを行います。

SEO記事ライティング代行サービスについてのよくある質問

長文の記事がSEOに効果的と聞きました。何文字書けばいいですか?

特に決まった文字数はありません。記事にユーザーが求めている情報を詳しく網羅的に書くことを意識してください。ユーザーの様々な検索意図を満たすページが上位に表示される傾向があります。詳しくは以下をあわせてご覧ください。
SEOを意識したコンテンツに必要な文字数は?

どのキーワードを狙うか探すところも手伝ってもらえますか

はい。記事制作とは別料金になりますが、キーワード調査も承ります。記事制作の目的やコンバージョンポイント、お客様ペルソナなどをヒアリングさせていただいたうえで、カスタマージャーニーマップを制作してキーワードをリスト化することが可能です。
簡易的な調査では特定のキーワードのサジェストキーワードや関連キーワードの月間検索回数だけを調べることもございます。また、競合サイトがどのようなキーワードでSEOしているかの実績データを出せますので、参考にしながらキーワードを選ぶことができます。

月間検索回数が少ないキーワードは狙う意味がないでしょうか

事業内容やサイトによります。客単価やコンバージョン率などによって月間検索回数が少なくても対象にする価値があるキーワードは存在します。

量を増やすとなると品質が安定するか心配です

サイトエンジンでは、ディレクター、SEOのための記事構成案作成者、ライター、校正担当者の4名体制で記事を制作しており、品質の向上に努めています。
見出しおよびその見出し内に含める情報の詳細をまとめた記事構成案をお客様に提出し、そこにフィードバックをいただいて修正してからライターが執筆を開始するという流れを採用しています。これにより、「こんな記事の内容になることは想定していなかった」というライターとの認識の違いによる事故をなくすことができます。

依頼から原稿の納期を教えてください

構成案の作成を弊社で担当する場合には、記事構成案作成に5営業日、構成案へのフィードバックをいただいて確定してから原稿作成に10営業日です。記事構成案が詳細まで決まっている場合には、原稿だけ制作する場合があり、その場合は10営業日のみです。

1記事あたりいくらですか?

内容や文字数、構成案や画像の作成や監修者の有無などによって料金は異なります。構成案の作成に15,000円、原稿の作成には文字単価で4.5~10円程度になることが多いです。コンテンツの専門性や難易度によって文字単価は異なります。
概算で1記事あたり20,000~80,000円の幅です。

どれくらいのペースでコンテンツ(ページ)を追加していくのがよいでしょうか?

無理のない範囲で継続することを目指してください。量よりも質が重要です。
一部の広告収益を目的とするメディアを除いて、更新のペースよりも総量である程度の本数が確保できていることのほうが大切です。毎月1本ずつ12ヶ月に渡って更新していくのと、最初の1~3ヶ月程度でまとめて一気に12本公開するのだと、まとめて更新するほうがよいことが多いです。
ある程度のボリュームがないと成果が出にくいことは事実なので、少しずつキャパシティを増やして更新ペースを上げていくことを推奨しています。
なお、すでに知名度の高い会社、ドメインパワーの強い会社などの少ない本数でもすぐに成果がでることがあります。

お問い合わせ・資料請求

過去事例

ベリーベスト法律事務所 様

ベリーベスト法律事務所様│オーガニックセッション数15倍 コンテンツの継続的量産に成功

コンテンツ制作サービスをご利用いただいている「ベリーベスト法律事務所」の檀上様にインタビューをさせていただきました。 ベリーベスト法律事務所様は、所属弁護士の人数という基準でいうと国内で6番目の法律事務所です。個人のお客…

詳しくはこちら

株式会社アイアンドシー・クルーズ 様

株式会社アイアンドシー・クルーズ様│セッション数や見積依頼が増加

記事作成サービス「かくたまライティング」をご利用いただいている株式会社アイアンドシー・クルーズ 住まいメディア事業部の白土久美子様にお話をうかがいました。 株式会社アイアンドシー・クルーズ様は、リフォームを検討しているお…

詳しくはこちら

株式会社EVERRISE 様

株式会社EVERRISE様│コンテンツ制作の継続性・質・量の問題が解決

デジタルマーケティングに特化した高い技術と業務知識をお持ちの「株式会社EVERRISE」様はデータ収集から分析まで行い、お客様の課題を解決する最適なマーケティングアクションの実行を可能にする企業様です。かくたまではそのE…

詳しくはこちら

事例一覧

CONTACT

お問い合わせ