コンテンツマーケティングやSEOのための競合調査・競合分析

COMPETITION ANALYSIS

競合調査・競合分析について

サイトエンジンではお客様の競合となりえる企業のサイト調査、分析を行っています。競合調査と競合分析を行うことで、自社のサイトで不足している情報を知り、よりユーザーにとってメリットの高いサイトを構築することができます。また、競合の強みや弱みを知ることで自社の強みを知ることもできます。

サイトエンジンの提供するウェブサイト競合調査・分析

01

複数の企業をスピーディに調査

どのようなキーワードで集客ができているのか、どのようなサイトからリンクを獲得しているのか、といったデータを最短3営業日で複数の競合他社から素早く集めます。

02

自社データも含めた比較分析

競合が集客しているキーワードや、力を入れている取り組みなどにフォーカス。さらにお客様が競合に対抗できているかどうか、競合に勝る部分や負けてしまっている部分はどこか、といった比較分析も行います。。

03

とるべき戦略を的確にアドバイス

競合他社の調査・分析はデータを集め、優劣を比較するだけでは意味がありません。サイトエンジンでは様々なお客様の支援を通じて得た成功体験をもとに、お客様がとるべき戦略のアドバイスを的確に行います。

主な調査項目

  1. アクセス流入状況・推移分析
  2. キーワード調査・比較
  3. バックリンク調査・比較
  4. アクセス上位コンテンツ分析
  5. 広告出稿状況分析

ただのデータ集めに終わらない行動につながる競合調査・競合分析

競合他社の情報の種類は実に多岐にわたります。どのようなキーワードでサイトに顧客を誘導しているのか、どのようなサイトからリンクを獲得しているのか、どういった集客コンテンツを作っているのか、どのようなコンテンツの作り方をしており、検索エンジンのアルゴリズムの変化にどのように対応しているか。ミクロな視点だけではなく、会社の経営方針やビジョンを基にした長期的な戦略などのマクロな視点での情報もあります。
こうした情報を集積し、自社の状況と比較することはとても重要です。しかし最も重要なのはこうした情報を基に、どのようなアクションを取るか、ということです。他社がどのような将来を見て戦略を立てているかを考え、自社はどのようなアクションを取るべきかを考え、それを計画に移していくことが重要です。
競合調査で他社に勝っている、劣っているという情報を得て安心したり、むやみに焦るのではなく、データを自社がとるべきアクションを策定するべき判断材料としなければいけません。

競合調査は、長期間・継続的に行うこと

短期間・単発の調査ではわからないことがあります。定期的に競合調査を行うと、同じデータを時系列で比較することができるようになります。競合他社がどのようなことに挑戦し、その結果がどうだったのか、といった推測ができるようになります。また、過去にはなかった数字の変化を読み取ることでこれからどのような戦略に取り組むかが見えてきます。
競合分析は定期的に行うことをお勧めします。

競合調査をして現状の戦略の見直しをしたい、自社のウィークポイントを改善したい、という方はぜひサイトエンジンにご相談ください。

お問い合わせ・資料請求

過去事例

株式会社デジタルチェンジ 様

導入事例 デジタルチェンジ様 記事作成で検索エンジン経由の売上アップ

さまざまな企業様のサイト運営を手掛けるデジタルチェンジ様はライティングサービスかくたまを利用し、コンテンツ経由の売り上げを9倍以上にしま…

詳しくはこちら

株式会社マーケットエンタープライズ

導入事例 マーケットエンタープライズ様 買取サービスのオウンドメディア記事の作成工数が9割削減

今回はコンテンツマーケティングの為にサイトエンジンのコンテンツ制作サービスをご利用いただいている株式会社マーケットエンタープライズ様に、…

詳しくはこちら

ビーコンコミュニケーションズ

ビーコンコミュニケーションズ様 コンテンツの追加で回遊率が上昇

SEOを考慮したコンテンツのリライト作業により集客力の強化とコンテンツ内容の充実を実現。サイトの回遊率を上げることでユーザーの滞在率を向…

詳しくはこちら

事例一覧

CONTACT

お問い合わせ