記事コンテンツのリライト・メンテナンス代行

改善の打ち合わせ

Maintenance

コンテンツの書き換え・メンテナンスで流入数や成約率を改善します

コンテンツは制作して公開したら終わりではありません。ユーザー行動をアクセス解析により分析して、改善し続けることで、より高い成果を出すことができます。
コンバージョン率や読了率、同時に閲覧されているページなど、さまざまな要素からコンテンツのリライト、修正を行います。また、影響の大きいページを優先して改善します。改善効果が大きいと予測される部分から取り組むことで費用対効果を高めます。

データを元にしたコンテンツ改善活動

01

影響の大きなコンテンツから取り組みます

修正したときに大きな影響がありそうなコンテンツをGoogleアナリティクスやサーチコンソールのデータから探します。セッション数が多いのにコンバージョンが発生していない、検索エンジンでの平均順位が高く表示回数が多いにもかかわらずクリック率が低いなどの問題を抱えたページを見つけます。

02

チームによるPDCAで仕組み化します

ディレクター、データ分析担当、SEO担当、ライター、インタビュアー、デザイナー・イラストレーター、監修者などチームでPDCAをまわします。予算やスケジュールやWebサイトの現状など、状況にあわせてコンテンツの質を高めるためのチームをつくります。個々人の好みや感覚ではなく、データを元にしてコンテンツをチューニングしていきます。お客様の状況にあわせて改善の業務フローをつくり、仕組み化・マニュアル化していきます。

1.目的・目標と予算、体制の決定

コンテンツをメンテナンス、リライトする目的・目標を設定します。
たとえば、コンバージョン数を目的に設定して、いつまでにどれくらい増やすのか目標を設定します。さらにセッション数やコンバージョン率を中間の目標(KPI)として設定します。
予算や体制もあわせて決めます。

2.現状分析と優先順位づけ

Googleアナリティクスやサーチコンソール、コンバージョン後の売上・契約率など様々なデータを元にしてどのページを改善するのがもっとも影響が大きくなりそうかを調べます。
1.と前後することもあります。

以下のグラフはサーチコンソールのデータを元に制作しています。縦軸に検索結果での平均順位、横軸にクリック率をとり、タイトルやディスクリプションを改善することで数字を伸ばしやすそうなページを選定します。

改善対象ページの選定

3.コンテンツの再編集

原稿のリライト、補足情報・最新情報の追加、写真やイラストや図表などテキスト以外のフォーマットで追記、情報のタイトル・ディスクリプションの変更など、コンテンツをより良くするための修正をします。必要に応じて取材をします。
再編集をするときには、どの数字を改善するために実施するのかを常に事前に共有したうえで進めます。

コンテンツの改善チェックリスト

4.効果測定と次の施策立案

コンテンツの再編集をしてからある程度の期間をあけてデータを蓄積してから効果測定と次の改善施策の立案をします。データ収集に必要な期間はWebサイトの規模や対象コンテンツの閲覧者数によります。流入が多いほど短い期間で分析のためのデータが集まります。通常1~4週間程度です。

参考お見積もり例:

※ミニマムオーダーは月額30万円~となります。

現状分析と改善対象ページの選定:50,000円
リライト 5ページ:30,000円 × 5ページ = 150,000円
追記1,000文字 10ページ:8,000円 × 10ページ = 80,000円
イラスト・図表追加 10画像: 8,000円 × 10画像 = 80,000円
参考情報収集のための取材: 4回 × 30,000円 = 120,000円

参考月額 480,000円

参考資料

CONTACT

お問い合わせ