コンテンツ制作ブログ

デジタルマーケティング、コンテンツマーケティング、
データ分析などに関するお役立ち情報を発信

コンテンツマーケティングのおすすめ本7冊

2021年6月30日

これからコンテンツマーケティングをはじめる方のためにおすすめの本をまとめています。SEOやWebマーケティングなど、コンテンツマーケティングそのものをテーマとしていない本も含めてたくさん読んだ中から、コンテンツマーケティングに役立ちそうなものを選んでいます。

上から順番に読んでみてください。

沈黙のWebライティング
とにかくわかりやすくWebライティングについて学べるすごい本。頭に入りやすいストーリー形式で説明されています。網羅的に必要な知識がおさえられているうえに、時間の経過によって変化しなさそうな本質的な部分の解説ばかりなので、入門として最適です。

世界一シンプルな増客マシーンの作り方
顧客に聞かれたことを書く方法や、定番のコンテンツタイプ、組織の構築方法などが書かれていて、とても実践的です。この本のとおりに取り組むには大きな時間を投下する必要はありますが、忠実に再現すれば成果が出るようになるはずです。

商品をつくる前に顧客を集める コンテンツ・インク戦略
コンテンツマーケティングという言葉を作ったジョー・ビュリッジさんの本です。インフルエンサーを巻き込む、コンテンツにひねりを加えて拡散されやすくするなど、制作済みのコンテンツをどうやって拡散させるかという点が紹介されているのがよいです。

コンテンツ・デザインパターン
コンテンツの設計方法や見せ方について解説されています。図表で整理されているのでとてもわかりやすいです。特に設計の部分で参考になる考え方がまとまっています。

トラクション ―スタートアップが顧客をつかむ19のチャネル
コンテンツを届けるためのチャネルとして、継続的に更新していくブログのようなオウンドメディアが採用されがちです。このトラクションという本では、様々な集客チャネルを広く学ぶことができます。コンテンツマーケティングでは、コンテンツを再利用しながら複数のチャネルを活用していくことが必要になるため、この本でまとまっているチャネルの種類は参考になります。

Webマーケティングを学び始めたばかりの人にもおすすめです。

いちばんやさしい新しいSEOの教本
コンテンツマーケティングをするときには、SEOの知識は必ず持っておいたほうがよいです。SEOの基本を学習するならこの本がおすすめです。この本とSEO スターター ガイド: 基本SEO の高度な手法と戦略を読んでおけば、SEOで必要なことの大部分は学べます。

Googleコアアップデートの読み解き方[2021年版]
品質の高いコンテンツとはどのようなものかが紹介されています。コンテンツを作る前に読んでおくと、コンテンツの価値を向上させるためのアイデアをもらえます。

さらに深く方法を調べたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。この記事と数冊重複していますが参考になるかと思います。
BtoBコンテンツマーケティングのおすすめ本6冊

毛塚 智彦

この記事を書いた人

毛塚 智彦

2006年からデジタルマーケティングを開始し、2008年にサイトエンジンを創業しました。 SEO、コンテンツマーケティングが得意です。立ち上げた直後のメディアから、数千万PVあるようなポータルサイト・ECサイトまで、幅広く関与してきました。 業務ではマニュアル作成などの仕組みづくり、事業立ち上げ、採用などを担当しています。 Twitter

CONTACT

お問い合わせ