ブランドキーワード(指名検索キーワード)対象のWebコンテンツによる集客

Branded Content

ブランドキーワードでのSEOを考慮したコンテンツ制作

ブランドキーワード(指名検索キーワード)の検索結果の最上部に自社のページを表示させるためのコンテンツを制作します。

サービス提供の流れ

01

ブランドキーワードの調査分析

10年以上のWebマーケティング経験を持つサイトエンジンのウェブマーケターが、ブランド関連キーワードを精査します。データを元にした定量的な分析だけではなく、お客様の声をお問い合わせや商談の履歴から調べる、SNSでどのように言及されているかを読むなどの定性的な確認方法も採用しています。

02

社内の情報収集

お客様の社内でヒアリングさせていただき、コンテンツ制作の優先順位付けをしつつ、制作に必要な情報を集めていきます。パンフレット・セミナーで使ったスライドなどの営業資料、商品・サービスの詳細情報など蓄積されている情報資産を収集することもあわせて進めます。

03

制作と分析

ブランドキーワードでコンテンツを制作し、SEOや流入などがどう変化しているかをレポーティングします。

ブランドキーワードとは

ブランドキーワードとは、社名、製品名など企業のブランドに関連したキーワードのことです。社名や製品名の単体キーワードだけではなく、組み合わせのキーワードも含みます。たとえば、「サイトエンジン 評判」「サイトエンジン 口コミ」「サイトエンジン 求人」「サイトエンジン 採用」などです。ブランドキーワードは指名検索キーワードと呼ばれることもあります。

自社ページをきちんと最上位に表示させることで機会損失をなくす

ブランドキーワードを検索エンジンに入力したときに、企業の公式ページ以外が上位に表示されている状態は、機会損失につながっています。たとえば、ブランド名と「購入」、「申込み」、「契約」などの申し込む意欲の高いキーワードを組み合わせたキーワードで検索したときに、ほかの企業が運営しているWebサイトのページが上位に表示されていれば、他社にユーザーが流れていってしまうきっかけになります。

ブランドキーワードで検索しているユーザーは会社や商品のことを知っているし、能動的に情報を探しにきているので、コンバージョン率(CVR)が高い傾向にあります。そのため、ブランドキーワードでの流入を取りこぼしている状態はもったいない状態です。以下のようなトラブル例があります。

機会損失の例

  • 企業への連絡方法を調べているのに、ほかのページが表示されてしまい連絡先が見つからない状態になっている。ユーザーはストレスを感じて連絡するのをやめてしまった。
  • 製品名と「料金」「価格」「値段」などを組み合わせて検索したときに、企業公式の製品ページではなく、他社運営のECサイト、レビューサイト、ポータルサイトなどになってしまっており、最新の金額を正確につたえられていない。
  • サービス名と「解約」「解約方法」を組み合わせてユーザーが検索したときに個人ブログなどが上位に表示されており、利用を継続してもらえるように使い方を補足説明する、誤解を解くための情報提供をする機会を失っていた。
  • 商品名と「法人向け」、「業務用」などで検索したときに大手ECサイトの商品一覧ページが、自社公式ページよりも上位に表示されてしまっていた。そのページには競合の商品も並んでおり、結果として他社に流れてしまうユーザーが発生した。
  • 商品名と「リース」、「ローン」などの支払い方法などで検索したときに、他社運営のポータルサイトが表示されていた。そのポータルサイト経由でコンバージョンを獲得しているものの、継続的に広告費を支払うことになっていた。

ブランド関連キーワード例(ブランドと組み合わせて検索される)

1.評判関連キーワード
・評判
・口コミ
・レビュー
2.求職者が検索するキーワード
・求人
・採用
・年収
3.購入方法パターンのキーワード
・ローン
・リース
・中古
・割賦
4.対象別キーワード
・初心者
・入門
・ファミリー
・子供向け
・高齢者向け
・女性
・メンズ
・法人
5.特定の情報・ページを探すキーワード 
・ログイン
・解約
・住所
・代表
6.購入検討中のキーワード
・料金
・会費
・値段
・見積もり
・事例
7.投資を検討している人のキーワード
・株価
・売上
・IR
8.行動につながるキーワード
・購入
・契約
・予約
・申し込み
上記はごく一部の例です。企業の知名度にもよりますが、ほとんどの場合でこれよりもはるかに多くのキーワードが見つかります。

キーワードの調査方法

サジェストキーワードや共起語を調べます。検索エンジンだけではなく、大手ECサイトやソーシャルメディアでのサジェストを調べることで、ブランドキーワードを網羅的にリスト化します。以下のようなツールも利用します。

Google アナリティクス
Google サーチコンソール
SEMrush
Ahrefs

料金

50万円~(診断とコンテンツ制作もしくは改善 5~10ページ程度)

上記は最低金額です。会社、製品、ブランドの知名度に応じて対応するべきブランドキーワードの数量は異なります。そのため、調査をして都度お見積りする形となります。ご予算にあわせて見積り・提案させていただくことも可能です。

ご相談を希望される方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・資料請求

過去事例

株式会社デジタルチェンジ 様

導入事例 デジタルチェンジ様 記事作成で検索エンジン経由の売上アップ

さまざまな企業様のサイト運営を手掛けるデジタルチェンジ様はライティングサービスかくたまを利用し、コンテンツ経由の売り上げを9倍以上にしま…

詳しくはこちら

株式会社マーケットエンタープライズ

導入事例 マーケットエンタープライズ様 買取サービスのオウンドメディア記事の作成工数が9割削減

今回はコンテンツマーケティングの為にサイトエンジンのコンテンツ制作サービスをご利用いただいている株式会社マーケットエンタープライズ様に、…

詳しくはこちら

ビーコンコミュニケーションズ

ビーコンコミュニケーションズ様 コンテンツの追加で回遊率が上昇

SEOを考慮したコンテンツのリライト作業により集客力の強化とコンテンツ内容の充実を実現。サイトの回遊率を上げることでユーザーの滞在率を向…

詳しくはこちら

事例一覧

CONTACT

お問い合わせ