採用ブログ

採用やイベントなど様々なサイトエンジン情報を発信しています

Webディレクターに向いている人って?サイトエンジンの業務で身についたスキル

Webディレクターに向いている人って?サイトエンジンの業務で身についたスキル

こんにちは。サイトエンジンディレクターの濱田です。

Webディレクターって何だろう、必要なスキルって何だろう、私も転職活動中考えていました。

今回は、一般的なディレクター職について説明したいと思います。

Webディレクターに必要な一般的なスキルとは

webディレクターとは、実際どのような業務があって、どんなスキルが必要なんだろうと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。Webディレクターの業務の中で、実際に私が必要だと感じたスキルをご紹介します。

プロジェクト進行力

まず、「webディレクター」と一概に言っても、WebサイトやWebアプリなどの制作会社は様々な種類があるため、実際の業務内容は会社によって異なります。記事メインのコンテンツ制作や、映像や動画メインの制作ディレクションなど多岐にわたります。場合によっては、両方の案件を進めることもあるでしょう。しかし共通して、案件の制作の指揮をとり、進行管理を行う責任者という立場になります。案件の要件をディレクターがとりまとめて進行するので、プロジェクトを無事に達成できたときは大きなやりがいを感じられる仕事です。

提案力

ディレクターは、お客様との会社の窓口になります。ディレクターは誰よりもお客様のことを理解するという立場です。

よって、お客様にとってより良いご提案ができないか、またはお客様が懸念されている点の改善のお手伝いができないかなど、コンサルティングとしての業務も兼ねている場合が多いです。お客様のご相談内容に応じて見積もりを調整しながら、お客様にとって最適な提案をすることが必要です。

Webディレクターに求められるヒューマンスキルベスト3!

Hands of an Asian woman adjusting schedule by telework

Webディレクターを目指す人はもともと、

・話すことが好き

・お客様のために積極的に学ぶ

のような素質がある方が多いのではないでしょうか。そのうえで私が考えるwebディレクターに求められるヒューマンスキルベスト3をご紹介していきます。

1.コミュニケーション力

断トツのベスト1は、「コミュニケーション力」です。お客様は、どんなタイプでどんな温度感で接するべきなのか一人一人異なります。お客様一人一人が心地よいと思って頂けるようなコミュニケーションをとるために、メールやチャットのやりとりは早めに対応することはもちろん、また、良い意味で八方美人でいることを意識しています。お客様に限らず、社内の作業者に指示やスケジュールの連絡をすることもあります。その際の言い回しで、共有すべき情報が間違って伝わってしまわないように、報連相を心がけ、しっかりコミュニケーションをとっていくことが大切です。

2.冷静な判断力

ベスト2は「冷静な判断力」です。webディレクターは、複数の案件を抱えて進めることが多いです。つまり、日々、複数のお客様対応と複数案件の進行を焦らず冷静に、優先度と緊急度を常に考えながら、タスク順の変更を考えつつ業務をこなしていく必要があります。

3.臨機応変に行動できる力

ベスト3は、「臨機応変に行動できる力」です。これは、ベスト2の「冷静な判断力」と関連していますが、複数の案件を進行していると、色んな場面が訪れます。クレームが起こる要因は、小さな火種が、気付いたら広がって大問題になっていた、ということがほとんどです。様々な状況に合わせて適切な対応をできるか、というのが重要になってくると思います。確実ではないまま進めてしまわないように、不安な場合はお取引様への確認はもちろん、自分の上司に早めに相談するなど、状況に応じた行動力が求められます。

サイトエンジンのwebディレクターに就いて身についたスキルとこれからの私

サイトエンジンでのディレクターは、記事制作のディレクションがメインです。記事制作をスムーズに進めるためのスケジューリング力や調整力は特に身についてきました。お客様が満足頂けるものを納品するのはもちろん、これからは更に貪欲にマーケティング知識を深め、お客様に提案・企画を積極的に行い、お客様に「改善のタネ」をご提供できるようなwebディレクターになれるよう目指していきたいと思います。