コンテンツ制作ブログ

デジタルマーケティング、コンテンツマーケティング、
データ分析などに関するお役立ち情報を発信

Twitter(ツイッター)の検索コマンド15選! 日付や期間検索も

2021年11月5日

Twtter(ツイッター)で検索するとき、ある人の昔のツイート(投稿)が見たかったり、バズった(話題になった)ツイートだけ見たかったりしたことはありませんか?

実は、検索ワードに「コマンド」を付け足すだけで、期間や日付を絞りこむことや、AND/OR検索や除外検索、はたまたバズったツイート検索などがカンタンにできちゃいます!今回はそんな便利なコマンドを紹介していきます!

期間を絞り込んで検索

since&until検索

「検索ワード since:年-月-日 until:年-月-日」

いつからいつまでという期間を指定して検索できます。

sinceとuntilどちらかのみを使って検索も可能です。

「犬 since:2021-9-12 until:2021-10-15」と検索した例がこちら。

犬というキーワードを含んだ、2021年9月12日から2021年10月15日の間に投稿されたツイートを検索できます。

バズりツイートを検索する

指定した数以上RT(リツイート)されたツイートを検索

「min_retweets:数字」

指定した数以上RTされたツイートを検索できます。

「犬 min_retweets:5000」と検索した例がこちら。

犬というキーワードを含んだ5000以上リツイートされたツイートを検索できます。

指定した数以上いいねされたツイートを検索

「min_faves:数字」

指定した数以上いいねされたツイートを検索できます。

「猫 min_faves:5000」と検索した例がこちら。

猫というキーワードを含んだ5000以上いいねされたツイートを検索できます。

指定した数以上のリプライ(返信)がされたツイートを検索

「min_replies:数字」

指定した数以上のリプライがされたツイートを検索できます。

「猫 min_replies:500」と検索した例がこちら。

猫というキーワードを含んだ500以上リプライ(返信)されたツイートを検索できます。

特定のアカウントのツイートを検索

特定のアカウントに関するツイートを全表示

「@ユーザーID」

特定のユーザーに関するツイートを全表示させます。

「SEO @siteengine」と検索した例がこちら。

@siteengine というアカウントに関連する、SEOというキーワードを含んだツイートが検索できます。

特定アカウントがつぶやいたツイートだけを検索

「from:ユーザーID」

特定のアカウントがつぶやいたツイートだけを検索できます。

「マーケティング from:siteengine」と検索した例がこちら。

@siteengine というアカウントが投稿した、SEOというキーワードを含むツイートを検索できます。

特定のアカウントに届いたツイートだけを検索

「to:ユーザーID」

特定のアカウントに届いたリプライなどを検索できます。

「SEO to:siteengine」と検索した例がこちら。

@siteengine というアカウントに寄せられた、SEOというキーワードを含んだ返信を検索できます。

特定のキーワードを検索

AND検索 複数のワードを必ず含んだツイートを検索

「犬 かわいい」などのように複数キーワードをスペースで区切って検索すれば、その全てが入ったツイートを検索できます。

「犬 かわいい」と検索した例がこちら。

「犬」と「かわいい」の両方を含んだツイートを検索できます。

OR検索 少なくともなにか1つのキーワードを含むツイートを検索

「犬 OR かわいい」のように複数キーワードをORで区切れば、いずれかを含むツイートを検索できます。

「マーケティング OR 味噌汁」と検索した例がこちら。

※ORは大文字です

「マーケティング」と「味噌汁」のどちらかが含まれているツイートを検索できます。
このように全く関連性のないツイートでも一度に検索できます。

除外検索

「検索したいワード -検索から除外したい言葉」のように除外したい言葉の前に「-」を付けると、その言葉を除外して検索できます。

「犬  -エサ」と検索した例がこちら。

「犬」は含むが「エサ」は含まないツイートを検索できます。

完全一致検索

「“検索ワード”」と検索すると「“”」と完全一致したキーワードを含むツイートが表示されます。Twitterには自動修正機能があるので、勝手に修正されて検索されることも。その場合はこの完全一致検索を使うと便利です。

「ツイッター」と検索すると「Twitter」と「twitter」も検索結果に表示されますが、

“ツイッター”のように「 “” 」でキーワードを挟めば、完全一致検索ができます。

画像や動画、リンクを含むツイートを検索

画像や動画、リンクがあるツイートを検索

「filter:images」と入力すると画像を含むツイート、「filter:videos」と入力すると動画を含むツイート、「filter:links」と入力するとリンクを含んだツイートを検索できます。

ツイートされた場所を絞り込んで検索

場所を絞って検索

「near: “場所” within:半径」と入力すると、その場所から指定した半径内のツイートを検索することができます。

また「geocode:緯度,経度,範囲」と入力すると、さらに厳密に場所を絞り込むことができます。

「near: “東京都” within:5.0km」と検索した例がこちら。

東京都から半径5km以内の場所で呟かれたツイートを検索できます。
しかし、正確性はあまりありませんので参考程度に。

言語を指定して検索

「lang:言語コード」と入力すると言語を指定して検索できます。

日本語なら「lang:ja」英語なら「lang:en」と付け加えます。

「twitter lang:en」と検索した例がこちら。

「twitter」を含む、英語で呟かれたツイートを検索できます。

ポジティブ/ネガティブ検索

感情検索

「検索ワード :)」と入力するとポジティブなツイート「検索ワード :(」と入力するとネガティブなツイートを検索できます。ただしこれは英語圏向けの検索方法なので、必ずしも当てはまるとは限りません。

まとめ

このようにツイッターで検索するときはコマンドを使うとより正確にスピーディーに検索ができます。皆さんもぜひコマンドを使用してみてはいかがでしょうか?

西本惇広

この記事を書いた人

西本惇広

サイトエンジン株式会社でWebマーケターをしております。 熊本オフィスにてコンテンツ記事作成やアクセス解析などを担当しています。

[addtoany]

CONTACT

お問い合わせ