コンテンツ制作ブログ

デジタルマーケティング、コンテンツマーケティング、
データ分析などに関するお役立ち情報を発信

SNS検索とは?SNSの種類や特徴を解説

2021年11月4日

こんにちは。サイトエンジンの浅井です。

現在、10~20代の若者の間では、SNSを利用した検索行動「SNS検索」が主流になっています。“検索=GoogleやYahooでのWeb検索”という一般常識が変わりつつある状況です。

今回は、SNS検索の概要や、Web検索との違いについて解説します。若者へのアプローチとしてSNS検索は有効です。本記事を参考に、若者の検索行動について理解を深め、ぜひ自社のマーケティングに役立ててください。

目次

SNS検索とは?

SNS検索とは、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のプラットフォームの中で情報検索することを指します。SNSは、元々コミュニケーションツールでしたが、現在では情報検索ツールとしても広く使われるようになりました。

検索時は、主にハッシュタグ機能を使用します。ハッシュタグとは、投稿内容に記載されている、#の後ろにキーワードが入ったテキストのことです。例えば、「#沖縄旅行」「#愛知カフェ」などです。ハッシュタグをタップすると、同じタグをつけている他の投稿も見ることができます。主にTwitterやInstagramに備わっている機能で、ハッシュタグを使って検索することを「タグる」とも言います。

タイムラインに沿って情報が更新されていくので、web検索のような過去の蓄積された情報というより、リアルタイムで新鮮な情報を調べるのに向いています。

SNS検索の種類

SNS検索では、調べたい情報のジャンルによって使用するSNSを使い分けられることが多いです。

Twitter

トレンド・ニュース・イベント情報などを調べる際に使われることが多いです。多くの人にツイートされたワードを調べることができるので、話題の情報を知りたい場合に便利です。また、テレビのニュースよりも早く情報を得られるとして、電車の遅延情報や地震情報などをTwitterで検索する人も多いです。

Instagram

美容・ファッション・観光・グルメなどを調べる際に使われることが多いです。写真や動画をメインにしたSNSなので、ビジュアルが重視されるジャンルに関しての情報検索に便利です。最近では文字入れのある読み物系の投稿も増えてきており、レビューや口コミなど情報量のある投稿が多い傾向です。

SNS検索の特徴

SNS検索の特徴は主に2つあります。
まず一つ目は、「リアルタイム」です。ユーザー全員が情報発信者なので、投稿頻度が高く、常に最新の情報や話題の情報を集めることができます。

二つ目は、「情報の信頼性」です。現代人は膨大な情報に囲まれている分、日常的に正しい情報を取捨選択していかないといけません。
SNS上での情報発信者は自分の立場と近い分リアリティがあり、レビューや口コミなどが信頼性の高い情報として扱われます。特に友人や知人など近い人物が発信している情報は、より素直に情報を受け入れやすくなります。
また、インフルエンサーが発信する情報も信頼性が高いと判断されます。インフルエンサーとは、多くの人に支持されていて、影響力の大きい人のことです。

まとめ

SNSは、コミュニケーションだけでなく検索を目的として使われるようになった今、マーケティングに及ぼす影響ははかりしれません。webコンテンツのマーケティングはもちろん、SNSマーケティングも合わせて注力していく必要があります。
それぞれのSNSの特徴を把握し、自社に合ったマーケティングを検討しましょう。

浅井摩歩

この記事を書いた人

浅井摩歩

サイトエンジン株式会社でコンテンツディレクターをしている浅井と申します。 愛知県在住、フルリモート勤務しています。 Webマーケティングの勉強中です!コンテンツのクオリティ向上のため日々精進しています。 よろしくお願いいたします。

CONTACT

お問い合わせ