コンテンツ制作ブログ

デジタルマーケティング、コンテンツマーケティング、
データ分析などに関するお役立ち情報を発信

noindexとは?効果的に活用してサイトのSEO効果を高めよう

2021年10月20日

こんにちは。サイトエンジンの小田です。

今回はSEOをする上で欠かせない要素の1つである「noindex」について解説しようと思います。

目次

noindexとは

noindexとは、簡単にいうと「記事がGoogleの検索結果にひっかからないようにする」ことを指します。noindexされた記事はどんなキーワードで検索しても検索結果に表示されなくなります。Googleのクローラーによって記事が読み取られ、適切なキーワードで検索結果に表示されるようになることを「index(インデックス)される」と言いますが、その反対の意味になります。

noindexをすることで、検索結果に表示はされなくなりますが、クローラーの巡回自体は行われます。クローラーの巡回をさせない設定は「nofollow」と呼ばれます。noindexはあくまでも検索結果に表示させないためだけのものなので、注意しましょう。

なぜnoindexはSEOに欠かせないの?

SEOにおいて、まずは記事が適切なキーワードで上位表示されることがとても大切になってきます。

そもそもindexされないことにはGoogle検索結果に記事が表示されなくなってしまうため、indexされることはSEOにおいて不可欠です。

ですが、noindexもindexと同じくSEOにおいて大切だと言われています。なぜ、Googleの検索結果に表示されないようにするnoindexが大切だとされるのでしょうか?以下では、noindexのSEO上の効果や、noindexするべきページはどんなページなのかを説明します。

評価してほしくないページをGoogleに伝えることができる

サイト内全てのページの品質が高く、しっかりGoogleに評価してほしい記事に仕上がっている場合は良いでしょう。しかし、実際は編集中のページがあったり、中身の薄いページや他のページと内容が重複しているコンテンツがあったりなど、Googleの評価対象になってしまっては困るページがいくつか存在している場合もあるでしょう。

そういった、評価してほしくないページはnoindexさせることで、Googleの評価対象から外すことができます。そうすることで、品質の高いページのみがGoogleの評価対象になり、サイト全体の評価を適切に受けることができるようになります。

noindexするべきページ

先ほど、noindexすべきページとして編集中のページや他のページと内容の重複しているページを挙げましたが、その他noindexさせるべきページとしては以下のようなものがあります。

・情報量が少なくなっているページ

・エラーページ

・コピーコンテンツ

もしもこういったページがある場合はnoindexさせることで、質の高いページのみをindexさせることができ、サイト全体の評価をあげることができるかもしれません。ぜひnoindexを利用してみましょう。

noindexの設定方法

noindexの設定をする時は、2種類の方法があります。

HTMLに記載できる場合はこちらの設定方法がいいでしょう。以下のコードをnoindexしたいページのヘッダー部分に記入します。

<meta name=”robots” content=”noindex” >

また、HTMLに直接書き込みができない場合(ページ全体がPDF、画像などになっている場合)は以下のコードをページのヘッダー部分に設定するのがいいでしょう。

HTTP/2 200 OK

X-Robots-Tag: noindex

noindexを設定する時の注意

noindexはSEOに効果的とはいえ、使用する際には注意も必要です。

まず、多くの記事をただnoindexさせることは避けましょう。ページをインデックスさせない、ということはGoogle検索からその記事への流入がなくなり、サイト全体の流入数の減少にもつながります。あまりにも多くの記事をnoindexさせてしまうと、予想以上に大幅にサイトへの流入が減ってしまうかもしれません。ページをnoindexさせる際は本当にnoindexさせるべきなのかどうかをよく考えてから行いましょう。

また、もうindexさせて良いページがnoindexされたままになっていないかもよく確認しましょう。内容の薄い記事を一度noindexさせてから修正を行い、せっかく良質なページに仕上げたのに、noindexされたままではGoogleから適切な評価を受けることはできません。必ずnoindexされたままになってしまっていないかを確認するようにしましょう。

今回は、noindexについて説明しました。正しい方法でnoindexを使用し、効果的なSEO施策につなげましょう。

小田紫花

この記事を書いた人

小田紫花

サイトエンジン株式会社でディレクターをしています。日々マーケティングの勉強に励んでいます。よろしくお願いいたします。

CONTACT

お問い合わせ