コンテンツ制作ブログ

デジタルマーケティング、コンテンツマーケティング、
データ分析などに関するお役立ち情報を発信

ページをGoogleから削除する方法 検索結果に表示させたくないときはどうする?

2021年11月1日

 Googleの検索結果にページを表示させないようにする方法について紹介します。

目次

方法1、古いコンテンツの削除ツールを使う

古いコンテンツの削除ツールとは

古いコンテンツの削除ツールとは、自分が所有していない古いページや画像をGoogle検索から削除してほしいときにGoogleに削除を依頼するツールです。

Googleが示しているSearch Consoleのヘルプには、このツールの使用条件が以下のようにまとめられています。

次の場合にこのツールを使用してください。

所有していないページの検索結果が表示される(そのページを所有している場合は、ページの再クロールページの非表示を Google にリクエストできます。)
かつページや画像がすでに存在していない、または現在のページや画像と大幅に異なる

次の場合はこのツールを使用しないでください。

ページや画像の情報が不正確、不適切、違法な場合など。現在の情報が不適切、不正確、危険、個人攻撃、有害と考えられる場合は、こちらをご覧ください

ページの確認済み所有者である(Search Console において)。確認済みの所有者の場合は、代わりにこちらのツールをご使用ください。

一般公開されている URL の検索結果を完全に削除する場合。Google やウェブから情報を削除する方法の詳細については、こちらをご覧ください

Google にページの再クロールのみをリクエストする場合。ページが削除されていないか、またはページに大幅な変更(主要な画像や情報の削除)がある場合、このリクエストは承認されません。再クロールのみをリクエストする方法については、こちらをご覧ください

情報がまだ公開中のページに表示されている場合。ページがまだ存在しており、削除したい情報がまだ残っている場合は、このツールを使用できません。Google からの既存情報の削除をリクエストする方法については、Google 検索のヘルプセンターにアクセスして「情報の削除」と検索してください。

古いコンテンツの削除ツール

削除方法

  1. ツールの使用条件に当てはまるかどうか確認する。
  2. ツールを起動する。
  3. ページのURLを入力し、送信する。
  4. リクエスト履歴にこのリクエストが表示がされていることを確認する。
  5. リクエストのステータスを定期的に開き、承認されたかどうか確認する。

方法2、URL削除ツールを使う

URL削除ツールとは

URL削除ツールとは、自分が所有しているページや画像をGoogle検索から削除してほしいときにGoogleに削除を依頼するツールです。Google Search Consoleへ登録しているサイトに対してのみ使うことができます。このツールのメリットは、削除をリクエストした後、約1日で削除が実行される点です。一方、デメリットは削除期間に期限があり、期限を過ぎると再び検索結果に表示されてしまう点です。リクエストから約6か月には再びページが表示されるようになるため注意しましょう。

URL削除ツール

削除方法

  1. ツールの使用条件に当てはまるかどうか確認する。
  2. ツールを起動する。
  3. 一時的な削除のタブを選択する。
  4. 新しいリクエストをクリックする。
  5. URLを一時的に削除するを選択する。
  6. URLを入力する。
  7. 次へをクリックする。
  8. リクエストのステータスを定期的に開き、承認されたかどうか確認する。
removal-tool

方法3、noindexタグを設置し、sitemap.xmlの再送信を行う

noindexタグとは検索エンジンにサイトをインデックスさせないために設置するタグです。インデックスさせたくないページのhtmlファイルのhead内部に指定のタグを挿入すると、検索エンジンにそのページをインデックスしないように指示することができます。

今回のように既にインデックスされているコンテンツに対して指示する場合は、noindexを設置したあと再クロールされなければ検索結果に残り続けてしまうので注意が必要です。そこでGoogleのクロールを促進するために、sitemap.xmlを送信しましょう。

削除方法

  1. HTMLのheadタグ内に<meta name=”robots” content=”noindex”>と記述する。
  2. sitemap.xmlを送信する。
  3. Google Search Consoleのカバレッジを定期的に開き、ページが削除されたかどうか確認する。

まとめ

サイトを運営していると、Googleの検索結果に表示させたくないページがでてくるかもしれません。そのような場合はぜひ本記事で紹介した方法を試してみてください。

黒木千尋

この記事を書いた人

黒木千尋

デジタルマーケティングを総合支援する会社にてWebマーケターをしています。アクセス解析やSEO解析、コンテンツのキーワード選定などを担当しています。経験も知識も豊富な上司や同僚から、たくさんの刺激をうけながら日々勉強しています。 長崎市出身、現在も九州内に住んでいます。ふたりの女の子の母です。大学・大学院での専攻は結晶工学です。現職とは全く関係がありませんが、長時間数字をみていても「しんどい」とならないのは、大学時代に鍛えられたおかげかなと思っています。

CONTACT

お問い合わせ