コンテンツ制作ブログ

デジタルマーケティング、コンテンツマーケティング、
データ分析などに関するお役立ち情報を発信

コンテンツマーケティングの新スタンダード『DECAX(デキャックス)の法則』とは?

Webサイトを活用してコンテンツマーケティングに取り組む際、DECAX(デキャックス)の法則を理解して仕組みづくりをすることが重要です。時代とともに変わる消費者行動の最新モデル、DECAXの法則を解説します。

目次

DECAX(デキャックス)の法則とは

DECAX(デキャックス)の法則とは、Discovery(発見)Engage(関係)Check(確認)Action(行動)Experience(体験共有)の頭文字を取った言葉です。2015年、電通デジタルホールディングスの内藤敦之氏が提唱した消費者行動モデルで、コンテンツマーケティングにおける、理想の消費者行動プロセスを表しています。消費者行動モデルはビジネスモデル変化に伴い、数年単位で変化するため常に新しいものをキャッチアップするようにしましょう。DECAXの頭文字がそれぞれ何を表しているか解説します。

Discovery(発見)

Discoveryは発見とある通り、ユーザーが検索エンジンやSNSを通して自身のためになるコンテンツを発見することを意味します。これまでの消費者行動モデルでは、初めに企業側からユーザーへのアプローチが基本でした。市場の変化に伴って、ユーザー自身が自分で探すところがポイントです。

Engage(関係)

Engageは関係構築のフェーズです。有益なコンテンツを発見したユーザーにメディア全体に興味を持ってもらい、メルマガ登録などを促して企業とユーザー間の関係を構築していきます。Webサイトのみならず、SNSやYouTubeなど複数のメディアから情報発信することで幅広いユーザーとの関係構築が可能です。

Check(確認)

ここではユーザーにサービスを確認してもらえるフェーズです。良質なコンテンツでユーザーが満足した経験や関係性によって、サービスにも興味を持ってもらえます。ただ強引に商品紹介に誘導するのではなく、自発的にユーザーがサービスをチェックしてくれる流れがベストです。サービス紹介ページにアクセスしやすいサイト構造がポイントになります。

Action(行動)

ここではサービスとユーザーが繋がる「購入検討・購入」を意味します。これはサービスのクオリティだけでなく、これまで築いたユーザーと企業の関係性があってこその行動となります。

Experience(体験共有)

ここではユーザーがサービスを利用した体験をレビューサイトやSNSで共有するフェーズです。これを見た新しいユーザーがDiscovery(発見)してまたこのサイクルを繰り返し、継続的に顧客を獲得、育成していくことを目的としています。

これまでの消費者行動モデル

最新の消費者行動モデルとして紹介したDECAXですが、これまではモデルが一般的だったか紹介します。DECAXまで至った変化も含めて確認しましょう。

AIDMA(アイドマ)の法則

AIDMAの法則はマスメディアなどを対象に作られた古い消費者行動モデルです。マスメディアを見た消費者がどのように感情が変化し、行動に至るかを表しています。それぞれの頭文字とプロセスは以下の通りです。

商品Aを、マスメディアを通じて購入してもらえるプロセス

  1. Attention(注意): 消費者がマスメディアを通じて商品Aを認識する。
  2. Interest(興味、関心): 商品Aに興味、関心を抱く。
  3. Desire(欲求): 商品Aが欲しい、使ってみたいという感情になる。
  4. Memory(記憶): 商品Aを見た際に、マスメディアを通じて得た上記の情報を思い出すようになる。
  5. Action(行動): 商品Aを購入する。

AISAS(アイサス)の法則

AISASの法則は、AIDMAの法則からインターネットの発達によって大きく変化した消費者行動モデルです。それぞれの略称と意味は以下の通りです。

商品Aをインターネットを通じて購入してもらえるプロセス

  1. Attention(注目・認知): SEOやWeb広告を通して見込み客に認知してもらう。
  2. Interest(関心): 商品Aに興味、関心を抱く。
  3. Search(検索): 商品Aに興味を持ったユーザーが似た商品も含めて情報収集する。
  4. Action(行動): 商品Aを購入する。
  5. Share(共有): 商品Aの使用感をインターネット共有する。

DECAXのポイント

DECAXの法則を実現するために、押さえる重要なポイントが3点あります。これから開設するポイントを押さえて、効果的な運用をしましょう。

SEO

SEOはDiscovery(発見)の段階で重要な対策です。そもそもこの部分で集客できなければ、その後のプロセスに進むこともありません。コンテンツを作る際に適切なSEOを取り入れましょう。近年ユーザーはSNSや口コミサイトも含めて情報収集するようになりました。例としてInstagramでは、SEOも実装されましたがハッシュタグの対策を取り入れるような、各メディアで効率的に集客できる対策に注力しましょう。コンテンツ制作の際に利用できるSEOチェックリストの記事もあわせてご覧ください。

関連記事:検索順位の改善に!SEO効果を高めるためチェックリスト

コンバージョンが見込めるコンテンツ

コンテンツには集客するとともに、自社サービスへ関心を持ってもらう役割もあります。テーマの選定も大きな要因ですが、コンテンツの構造もコンバージョンに影響します。コンテンツがコンバージョンしない原因に、「コンバージョンまでの導線がない、不自然」「検索クエリとアプローチ内容が一致していない」「コンテンツの中身に信頼性がない」などが挙げられます。メディア運営の担当者、マーケティング担当者、エンジニアで協力して改善に取り組みましょう。

SNSとの連携、コミュニケーション

ユーザーとフラットな立場でコミュニケーションが取れる場がSNSです。前述した通りユーザーが情報収集する手段の代表になったSNSに、コンテンツをシェアしやすいような作りも重要になります。またユーザーとSNS上でコミュニケーションを取ることも、Engage(関係)を促進させます。自社の顧客が多く利用するSNSを見極めて、運用するようにしましょう。

まとめ

これまで企業側からユーザーへ一方的にアクションしていた動きから、相互のアクション、コミュニケーションを前提とする消費者行動モデルがDECAXの法則です。ユーザーにとって役立つものを重視してコンテンツマーケティングに取り組みましょう。

サイトエンジン編集部

この記事を書いた人

サイトエンジン編集部

かくたまライターたちより、コンテンツ制作に役立つテーマでお届けします。

CONTACT

お問い合わせ