Photo credit: Angelo Juan Ramos

モンゴル語の歴史と特徴

モンゴル語はモンゴルの公用語として約570万人の人に使われています。歴史的には、過去8つの異なる文字が使われていました。1941年にキリルアルファベットが正式なものとしてモンゴル政府によって宣言され、キリルアルファベットが一般に使われるようになりました。1991年から1994年にかけて、伝統的な文化である過去の文字を復帰させようという運動がありましたが、大きな抵抗にあって前進していません。





モンゴル語と中国語

モンゴルと中国は隣接していることもあり、歴史上むすびつきが強く、言語にも共通した特徴が見られると考えられています。しかし、これは勘違いです。まず、モンゴル語の起源はアルタイ諸語(Altaic language)の一部であるのに対して、中国語はシナ・チベット語族の言語です。また、これらの2つの言語系は文章構造も文法も大きくことなります。モンゴル語はどちらかというと韓国語や日本語に近い言語といえます。

モンゴル語の翻訳とローカライズ

サイトエンジンでは、過去に数百万文字の大規模モンゴル語のプロジェクトを実施したことに加え、多数のモンゴル語の翻訳実績がございます。モンゴル人の翻訳者とチェッカーによる品質の高い翻訳を提供します。