Photo credit: Angela Sevin (flickr)

マレー語の歴史と特徴

マレー語は公用語として使われているマレーシアだけでなく、ブルネイやシンガポールやココス諸島などでも利用されています。世界中で約2.2億人の話者がおり、7,700万人が母語としています。マレー語とインドネシア語は同じ言語系に属しているため似ていますが、それぞれ別の言語です。インドネシア語と同様に、マレー語はアラビア語、サンスクリット語、ポルトガル語、オランダ語などの影響を受けた単語が多数あります。





マレーアルファベットの歴史

近年ではラテン文字(Rumi)が広く使われているものの、過去にはさまざまな文字が使われていました。スマトラで発見されたマレー語の初期の物証としては、南インドで使われていたグランタ文字(Grantha script)を利用した7世紀の文章があります。14世紀には、アラビア文字(Jawi)がムスリムの人たちがマレー語を書くときに使われていました。17世紀には、オランダとイギリスの影響により現在の文字であるRumi文字に変化していきました。

マレー語の翻訳とローカリゼーション

マレーシアは東南アジアにおけるイスラム教の中心地として今後も経済発展が見込まれています。シンガポールと同様に特に発展している国です。サイトエンジンでは、お客様の現地での活動を支援するために、マレーシア人の翻訳担当者を揃えております。