通訳とは

異なる言語を使用する人たちの言葉を置き換えて伝えるのが通訳の仕事です。プロの通訳者の場合、ただ言葉を置き換えるだけでなく、その場で話が円滑に進むように配慮して話します。 通訳は以下のようなさまざまな状況に対応します。

  • 国際会議、カンファレンス、展示会、セミナーなどのイベント
  • 打ち合わせ
  • 裁判

以下のように複数の方法があります。

  1. 通訳者が伺って対面で
  2. 電話を通じて/li>
  3. Skype、ビデオ会議システム、オンラインチャットなどを通じてインターネット経由で

通訳と翻訳の違いとは何か

簡単に言ってしまうと通訳の場合は会話で伝えるということで、翻訳は通訳を文字に起こしたものとなります。通訳者も翻訳者もいずれも2つ以上の言語を極めて高いレベルで習得している必要があります。

しかしながら、通訳の場合は翻訳では求められない知識や経験が必要となります。たとえば翻訳よりも通訳のほうがその場のコンテキストに応じてニュアンスを意識して伝えるべきであるといった違いです。さらに、同時通訳や逐次通訳などの種類によっても求められる対応方法が変わります。

サービス内容

サイトエンジンでは、アジア言語の通訳に関する以下のようなサービスを提供しています。

少人数の会議でのウィスパリング通訳から、大規模なイベントでの同時通訳まで、さまざまな形式の通訳でお客様のコミュニケーションをサポートします。