Photo credit: Dennis Jarvis (flickr)

ヒンディー語の歴史と特徴

ヒンディー語は世界で最も多くの人に話されている言語の1つです。BBCによると、約5.45億人の話者がいて、そのうち4.25億人の人が母語、第一言語として使っています。インドで主に使われていて、インドの公用語のうちの1つです。ネパール、フィジー、トリニダード・トバゴなどでも使われています。






リンガフランカ 共通語としてのヒンディー語

12億人の人が住んでいるインドは、中国に続いて人口の多い国となっています。しかしながらすべてのインド人がヒンディー語を使えるわけではありません。2001年のデータによると、インドにはなんと合計1721もの言語数があり、そのうち30言語は100万人以上に使われています。しかも、インドの各州はそれぞれ個別にメインの言語を決めているため、インドには政府が指定した20以上の公用語があります。とはいえ、ヒンディー語と英語だけが政府の公用語となっており、ヒンディー語はインド各地で異なる言語を母語としている人たちの共通語として使われています。

ヒンディー語の翻訳およびローカライズ

ヒンディー語の話者は世界中にたくさんいるため、ヒンディー語の翻訳のニーズは英語や中国語同様に頻繁に発生していくことが予想されます。サイトエンジンでは東京オフィスにインド人スタッフが在籍しており、さらにインド在住の経験豊富な多数の翻訳者と提携することで、質の高いヒンディー語翻訳を提供しています。