Photo credit: Jacob Btter(flickr)

複数ある通訳の方法の中で、逐次通訳はもっとも需要の高いサービスです。共通の言語を持たない相手同士で相互に理解しあうのをスムーズにするために行います。ミーティング、カンファレンス、コンサルティング、プレゼンテーション、イベント、レクチャー、セミナーなどで使われます。

逐次通訳の際には、話者は文章ごともしくは区切りの良いところで話すのをいったん止めて、そのあと通訳者が通訳します。通訳者は話者が区切りのよいところまで話すのを待ってから、聞き手の言語に置き換えて伝えるという流れです。
話者が話している途中で通訳をはじめてしまう同時通訳と比べると時間がかかる通訳形式です。 一方で逐次通訳においては通訳者はより長い時間を通訳後の言葉の選定、どう伝えればよりわかりやすくなるかを考える時間を使えるようになります。また、特殊な設備がなくても対応できるため、少数で話していてかつ2つの言語しか使われていないときにはもっともやりやすい通訳方法だと言えます。

サイトエンジンでは、お客様のさまざまなニーズにあった通訳の方法を提供します。言語はもちろんコミュニケーションのスキルも高いプロの通訳者のチームがお客様をサポートします。また、逐次通訳のサービスは多様な言語、分野、地域に対応しています。さらに、逐次通訳者はメモを取る訓練を受けているので、もし長いスピーチが続いたとしても、メモの内容をもとに正確かつスムーズに通訳いたします。 ビジネスミーティングなどのフォーマルな場面でも、旅行などのプライベートな場面でも、サイトエンジンの通訳サービスをお気軽にご利用ください。