中国語について

中国語はもっとも古い言語のうちの1つで、亀甲文字をはじめとして3,000年以上の歴史がある言語です。

近年では、中国語は13億人以上によって使われており、世界中でもっとも多くの人に話される言語となりました。世界人口の14.4%にあたります。中国、台湾、シンガポール、マレーシアで主に使われている言語です。






中国語の簡体字と繁体字の違い

簡体字は中国で使われています。マンダリンとも呼ばれます。一方で繁体字は主に台湾、香港、マレーシアで使われています。

簡体字と繁体字の主な違いですが、その名のとおり簡体字のほうが簡単な文字を用いています。また、アメリカ英語とイギリス英語の違いのように、いくつかの語彙が簡体字と繁体字で異なっています。 たとえば、プリンターという意味の単語は、簡体字だと打印机で、繁体字だと印表機となります。使われているボキャブラリーが中国と台湾で異なっています。そのため、簡体字と繁体字の間でも翻訳が必要となります。

中国向けの翻訳とローカリゼーション

簡体字、繁体字ともにネイティブ翻訳者が担当しております。また、中国人、台湾人による質の高い翻訳を提供します。

サイトエンジンでは、できるだけ多くの企業の現地ビジネス、ローカリゼーションを支援するために、翻訳サービスをリーズナブルな価格で提供できるよう日々効率化を進めています。