Photo credit: Justin Vidamo (flickr)

ビルマ語について

ミャンマーで使われているビルマ語はミャンマーおよびその周辺国で、4,000万人以上の人に使われています。インドのバラモン文字も派生したモン文字からビルマ語の文字も派生しました。最初にビルマ文字が使われたことが歴史的資料で判明しているのは11世紀です。







ビルマそれともミャンマー

ビルマもミャンマーもほぼ同じ意味で、両方が長い間使われています。ただし、若干の意味の違いがあります。 人類学者によると、ミャンマーのほうがフォーマルで文書などに用いられるのに対して、ビルマは比較的インフォーマルで口語で使われるケースが多かったようです。結果として、国の公式言語してミャンマー語という表記があるものの、ほとんどの人にとってビルマ語という表記がより身近なものとなっています。

ビルマ語へのローカリゼーション

5年間以上にわたってサイトエンジンではビルマ語を含めた東南アジア言語の翻訳サービスを世界中の企業に提供してきました。ミャンマー人の翻訳スタッフ、チェッカーが在籍しており、お客様のさまざまな翻訳ニーズにお応えします。過去に契約書や技術文書など専門的な内容を含めた多数の翻訳実績があります。お客様にリーズナブルな価格で高品質な翻訳をご提供します。